ゲンチログ。

      

                                   キョウモ、ゲンチデ、ダダコネル。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
  • 年末、よいこの番組で『にしおかすみこ』を知り、その勇気に励まされました。
    SEARCH
         
    SPONSORED LINKS
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ネタノホウコ↓ココロシテヌスム
    OTHERS
  • スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    犬専用。

    ふと、先日行ったKlosterneuburgで見つけたかわいいワン子。

    何かと思えば、、、、

    ワン子の、あれ専用ゴミ箱!!!
    イカすではないか〜。

    袋まで設置されていて、なんと親切な見る
    でも、恐ろしくて開けられない‥。
    回収者の方々、お疲れさんどす。
    | ダダッコ。 | オーストリア。 | comments(0) | - |
    ブラスバンド。

    偶然にもKlosterneuburgに行った日、
    ここで『Großes Blasmusikfest』をやっていた。
    どんな人達がブラスバンドで音楽を披露しているかわからないけど、
    子供から、大人まで、きちっとした衣装から、
    オーストリアの民族衣装まで、着飾り、音楽を披露。


    こういう文化本当、いいな〜って思う。
    日本の夏に、皆が浴衣を着るみたいに、
    こっちではどのフェスタでも、皆、民族衣装を着る。
    ウィーンを離れれば離れるほど、そういうシーンに出くわすことが多い。
    あ〜、ヨーロッパなんだな〜と、感じる瞬間。

    正直なところ、今の時代で、しかもこんな先進国で!?って
    思うことはあるけど、ここがこの国の良さだと勝手に思っております。
    例えば、観光相手にやっているところはよく見るけど、
    完全、オーストリアに特化した行事で、
    この姿は、なかなかいい味出していると思う。


    ま、やっぱ伝統衣装はきつつも、ビール、たばこ、携帯片手に
    若いおね〜ちゃんたちが、だっる〜って感じが見えなくもなかったけど(笑)
    そこは、愛嬌ですな。古き良き伝統の中に潜む現代的な。


    でも、スタンバイ前はなかなかの緊張感。
    勝手にのぞいて、写真をとる、おき楽なわたしでした。


    これは、あのSturm!
    入ってる入れ物がかわいいよ〜。ここは、どのお店も、
    こんなビンに入れて売ってた。かわいい〜。(から飲んだ。)
    | ダダッコ。 | オーストリア。 | comments(0) | - |
    くりのみち。
    先週、9月最後の日曜日、ウィーンからちょこっと離れた、
    Klosterneuburgへ行って来た。

    あまりに天気がよくて、空ばっかり見てたら、
    バシバシ何かを踏むので、下をみると、
    くり!くり!くり!!!!!

    そういう時期です。

    街では、例の栗やさんが既に9月初旬から営業中。
    アイス屋には負けぬど〜と、商い中。


    Klosterneuburgは、まだウィーンの右も左も知らぬ頃、
    ドイツ語のABCも知らぬ頃、
    知人に連れて行かれて、どこだここは。。と、
    しばらくしてから漸く確かな位置を知ったところ。

    『Neideroesterreich』というウィーン(州)の隣の州にあるんだけど、
    当時は聞く度に、
    「だから、Neideroesterreichだってば、ウィーンじゃないんだよ。」
    っていわれ、
    「いや、わかる。ウィーンじゃないのは。」(言葉は分らぬども伝わる。)
    でも、なぜ『Oesterreich』 (オーストリアのドイツ語名)が2つもあるんだ。
    Oesterreichはオーストリアと言う一つの国ではないか!
    一体何がなんだか、さっぱりわからん。
    と、最後には「ウィーンじゃないとこ。」で勝手に終了してたけど、
    なにせ、ドイツ語の無知な者と、英語が分らぬ相手との会話だった為、
    仕方あるまい。


    今思えば、本当に笑える。
    そんな、1年半以上も前のことを懐かしく思ったりして。

    今回は、1人でぷらっと思いつきでやって来たので、
    街をぐるぐる、ぶらぶら堪能して来ました。
    | ダダッコ。 | オーストリア。 | comments(0) | - |
    Hallstatt。

    オーストリアで一番好きな場所。

    Hallstatt =ハルシュタット=。

    日本人観光客も多いし(団体で来ているのをよく見かける。)
    うちのママによると韓国ドラマにも出たらしいし(日本のおばはん代表)
    韓国ドラマ通ではないが、
    「どれか1つ湖が見たい!お母さんに写真を撮ってくると約束してきたんだよぉ〜」という友達のリクエストに、
    じゃ、ここしかない。。と。
    強行の日帰りでHallstattへ。
    ウィーンからたった1回の乗り換えで電車で行けるし、
    日帰りでも行けちゃう。(あくまでも強行手段)
    確かに日帰りで行けるけど、街を味わう為に泊まるべき、本来なら。。


    去年は1人で、プラッと行って来て、
    ブログにアップしようと思っていたのに、思わず何百枚も撮った写真を
    セレクトしきれなくて、(めんどくさくなって)やめてしまった。。

    ぜひ、一度。行って下さい。
    ため息ものです。
    今回も写真載せようと思ったけれど、
    どれも素晴らしくて(技術じゃなくて、景色)載せれません。

    家に張り付くリンゴの木。
    こんな家が他にも沢山。洋梨、リンゴ、窓から採って朝食に。
    ティファニーで〜よりアコガレ。

    ※しかし、いくらセレクトできないからって載せたのは
    Hallstattらしからぬ写真ばかり。やっぱり、行ってみて下さい。
    | ダダッコ。 | オーストリア。 | comments(2) | - |
    Sommer Ticket 終了。-St.Poelten
    2006/8/5の記事でご紹介した
    ”Sommer Ticket”も今日で終了。。
    (アップしたの気付いていただけまひた??)

    ちぇっ、まだまだ行きたいところあったのに。。
    オーストリアじゃないけどね、ミュンヘンとかプラハとかブダペストとか行く予定だったのに。。レアなトラブルに巻き込まれてお金が手元にない!って騒ぎで全て消えてしまったワタクシの逃避行。。ま、お金節約できてよかったかな。。

    ひとまず、本日は18時から約束があったので近場でSommer Ticketを使用納め?することに。
    というわけで、Wien Westbanhof(ウィーン西駅)から特急で40分のSt.Poelten(ザンクト・ペルテン)へ。


    こちらもKrems同様、小さな街。
    あっという間に見終えて、午後出にも関わらず
    18時の約束までには十分見て帰ってこれまひた!
    続きを読む >>
    | ダダッコ。 | オーストリア。 | comments(0) | trackbacks(0) |
    ヴァッハウ2。- Druenstein
    その後、ローカル線でDuernstein(デュルンシュタイン)というKremsの隣の街へ。
    ここは完全に無人駅で、着いた時からいい意味でのヤバめな匂いが。。
    KremsとDuernsteinの間もワインのぶどう畑とドナウ河がキレイでキレイで。
    たまたま電車を待っていた時に知り合ったおばあちゃんにお勧めを聞きながら(半分くらいしか理解できなかったけど。。)、それにしたがってまたもやプラプラと。



    ココは観光地化された街だったけど、派手すぎずひっそりとたたずむこの街が気に入りました!!ちなみに、ヴァッハウ渓谷といって写真にトップででるのはこの街の風景。船でドナウ河沿いの街を移動しないと写真の様な風景は見れないけど、何せタダ旅行なのでそこにもお金はかけず。
    でも、久々の天気のよさと、河沿いの散歩。
    美味しいワイン☆
    予想以上に登るのハードすぎた丘の城壁の上から見下ろす街の風景はすばらしくて30分で見終えるよとの、この小さな街に気付いたら4時間以上もぼーっとしてました。ホントキレイ。。
    やるじゃん、オーストリア。。
    続きを読む >>
    | ダダッコ。 | オーストリア。 | comments(2) | trackbacks(0) |
    ヴァッハウ1。- Krems
    ドナウ河沿い、ヴァッハウ渓谷に行って参りました。
    これまた、例の”Sommer Ticket”で!タダでネ。
    Krems(クレムス)はそのスタートの街。
    始め着いた時は、ドナウ河は全くもって見えないし、ただの小さなかわいい街にしか思えなかったのですが、奥へ奥へと何も考えず歩いて行くとかわいらしい建物が。そして、ワタシの大好物。
    迷路の様な入り組んだ小道。
    魅了されてしまいました。。
    続きを読む >>
    | ダダッコ。 | オーストリア。 | comments(0) | trackbacks(0) |
    Graz。
    Sommer Ticketを利用して早速、
    オーストリア第2の都市
    GRAZ (グラーツ) に行って参りました。
    Yuanとね。
    第2の都市といってもやっぱり
    オーストリア。
    小さいです。


    でもでも、ワタシとしてはウィーンより、こちらの方が好み!
    かわいいかわいいレンガ色の建物の並ぶ街でした。

    時折、なぜこんなものが?なぜここに?
    そしてグラーツのシンボルにだって!?(次の写真、なまこです。)っていう謎に襲われたこともありましたが。。
    でも、ここで1ヶ月ほどプチ短期留学したいかも。って本気で思いました。ウィーンから、笑。
    ウィーンに住んでいると、そのイメージがオーストリアのイメージに変わり、時々もったいないなーって思うことがあります。。
    ま、そんな話は置いといて。。
    では、写真です☆
    続きを読む >>
    | ダダッコ。 | オーストリア。 | comments(0) | trackbacks(0) |
    Sommer Ticket!
    こちらオーストリア鉄道OeBBにて夏の期間だけ売り出される"Sommer Ticket"
    (ドイツ語の夏は"u"じゃなくて"o"なんですヨ。スペルミスではありませぬ。)。
    今更、今更ですが、ご紹介。なんと、普段イマイチなサービスのOeBBですが、夏になったらやっぱりはじけるちゃうの?
    太っ腹で。
    コレこそまさに、『人生変えちゃうかもね、夏♪』
    (知ってます?西田ひかる。)


    なんと49EURで7月1日から9月9日までオーストリア内全てこのチケットで乗り放題!
    しかも、近隣諸国の街へもオーストリア内のチケットがタダになるので格安で。
    以前紹介した争奪戦の29EURチケットより安く行けちゃいます。
    やったネ。
    ですが、購入時には”VOTEILSCARD”という、常に鉄道のチケットを50%近くのディスカウントで買えるコレまたありがたいメンバーでないとダメ。
    このVOTEILSCARD。26才未満だと1年間19.90EURでメンバーに。
    それ以上の方は90EUR以上だった様な。。

    ホント、学生と若者にベラボーに優しい国なのです。
    そして、今年26才ぎりぎりのワタシは(あーコレが過ぎたら、若者として見なされないってことね。)
    滞在終了までこのおこぼれを頂戴。
    こちらに来てすぐに19.90EURで会員済み。

    そして、この"Sommer Ticket"でオーストリア内をほぼタダで日帰り旅行行ってきました!
    ちなみに、ウィーン市内の全ての交通手段乗り放題の1ヶ月定期が、45EURなので、安いでしょ!
    このチケット。
    『人生変えちゃうかもね!夏☆』
    え?しつこいって?
    | ダダッコ。 | オーストリア。 | comments(0) | trackbacks(0) |
    みんなありがちょ。
    今月でやっと、Grundstufe (初級ドイツ語)が終了しました!!!!
    6ヶ月。本当に長かったぁー。
    こんなに月日を長いと思ったのは、何年ぶりでヒョ。

    全くもって、ドイツ語を勉強せずこっちにきたから、自分なりにそれなりの
    覚悟を持って来たつもりだったけど、日本で、当たり前の様にできていたことが当たり前にできず、何度も涙を流しそうになったりして、笑。
    数えきれないほどの色々な国の人と出会って、
    文化の違いや、意思疎通の難しさ、時には泣きたくなる様な態度もとられて、
    負けるかーって心で叫んだりもしたけど、どんな時も、結局はその人たちに
    支えられてココまでやって来れました。
    ハイ、いつもの大感謝。
    今まで出会った、素敵な仲間たちを一挙大公開ですわ。
    ほいっ。
    続きを読む >>
    | ダダッコ。 | オーストリア。 | comments(0) | trackbacks(0) |
    <new | top | old>