ゲンチログ。

      

                                   キョウモ、ゲンチデ、ダダコネル。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
  • 年末、よいこの番組で『にしおかすみこ』を知り、その勇気に励まされました。
    SEARCH
         
    SPONSORED LINKS
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ネタノホウコ↓ココロシテヌスム
    OTHERS
  • スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    注目の的、オーストリア近郊。

    ウィーンの看板つながりで、ハンガリーで見つけたお店の看板。
    やっぱ、看板がかわいいとどうもつられてご入店。

    コチラ2つはプラハにて。



    何度同じ様な看板を目にしても、飽きませぬなぁ〜。
    文字がかわいいのよ、文字が。
    最近のブームはロシア語のキリル文字。キリルも音の響きがよいね〜。
    って、自己満バリバリの記事ですが。

    こちらも在庫は腐るほどあるけど、たった4枚の紹介でギブの私でした。
    | ダダッコ。 | アウスランド。 | comments(0) | - |
    Sopron名物。
    久しぶりの投稿。
    というのも、日本からわざわざ来てくれた友達が帰ったと思ったら、
    その後、1週間ほど胃痛、腹痛、高熱、でダウン。

    そして、回復と同時に、今度は高校時代の友達がやって来た。
    いろんなサプライズとともに。

    それにしても今回の腹痛、胃痛はひどかった。。
    もしや、(原因となるのは)コレかっ!?って思ったのはコレ


    怪しい、物体。なんでしょ。
    続きを読む >>
    | ダダッコ。 | アウスランド。 | comments(0) | - |
    Tej!!!!!。
    新しい土地へ足を踏み込んだら、必ずチェックする場所。


    各国のスーパー!!!


    夢があります(断言)。
    たかが、スーパーの袋にだって夢があるのです。

    何年か前にブラブラして、見つけた本。

    スーパーマーケットマニア ヨーロッパ編
    スーパーマーケットマニア ヨーロッパ編
    森井 ユカ

    なななななんと、アツイことをしてくれた。。
    と即買いした1冊。
    楽しませて頂きました。
    ぜひオススメの1冊。


    先日、ハンガリーの"Sopron"にてお目についたモノ。


    牛乳(Tej)!!!

    ※どうやらハンガリー語で牛乳を"Tej"というらしい。勝手な推測。未確認中。
     (とっとと調べろって思うけど、放置する癖がこういうところに出る。)


    周りの人に、
    「何やってんだよ、ぜったい、日本人だよ(←現地の人に撮っては
    ど〜でもいいモノを写真撮りまくっている為)。」
    っていう目をされながらも、めげずに、
    撮って来ました!!(いつものこと)


    というわけで、100%自己満で載せます。


    スターターは割とノーマルちゃんから。


    スーパーブランド?
    カワイイ、お財布マーク。


    ダイエット、低脂肪版。
    セクシーだけど、こんな腹をしたハンガリー人は正直見たことない。。(失礼!)


    なんと、袋版!


    これも。


    しかし、普通の牛乳が2.8%って既に低脂肪でない?
    確かに、海外のは日本に比べて薄いけど。。


    まだまだあります、
    イチゴ牛乳&バナナ?バニラ牛乳。


    こちらココア味。


    かわいいけど、袋はちょっと使い勝手がイマイチなような。。
    それとも、即、飲みきる用?
    にしては、量が多い(と思う、日本人サイズでは‥)。
    でも冷蔵庫にあったらかわいいな〜。モッツアレラチーズと間違えそうだけど。


    スーパーはどこの国に行っても楽しい♪
    旅行ではもはや、ダダッコ・スーパー刑事の巡回スポット。


    ま、その国の生活(物価とか、食生活とかね〜)が見れていいのでは!?
    と勝手に納得するのでした。
    また、要調査にひっかかった品があったら紹介します。(勝手に)



    おまけ。
    アジア好きの人へ。
    スーパーマーケットマニア アジア編
    スーパーマーケットマニア アジア編
    森井 ユカ
    | ダダッコ。 | アウスランド。 | comments(4) | - |
    見(三)た旅。



    プラチスラバに続く第2弾。
    ウィーンからの海外旅行。片道1時間半ちょっと。
    早くも、3度目の訪問。Sopron (ショプロン)。
    こちらはハンガリーになります。
    このブログにも登場して3度目だと思われる。


    ここへ行ったのは8月末のこと。
    生憎の雨、その上、寒い。。もう夏は完全に終ってた(泣)

    とは言え、ブラチスラバよりも古さの残るこの街。
    「アメ横みたい〜」と連発しつつ、
    「寒いんだけど。。」とブ〜たれながらも、我が友は喜んでいた。


    そのアメ横もどきで見つけた梨↓!!


    「日本と一緒か!?」と店にいた人に聞かれ、
    「日本のより遥かに小さいよ。」と答えた。
    味は。。知らない。





    ショプロンは、建物の門の先が楽しい。(開いてるから覗く。)
    大抵、門を入ってすぐに家がある。
    という訳ではなく、少し離れている。
    門から家までは石畳の道が敷かれ、
    オサレな装飾された窓、庭、自転車、車。。
    時にお店が隠れてたりする。

    昔のトルコ軍が〜という歴史があるだけに、入り組んだ作りで
    どかどか入って行くと、迷路みたいに色々なところへ繋がっている。


    小さな街だけど、本気で見ようと思うと1日は余裕で必要。
    | ダダッコ。 | アウスランド。 | comments(0) | - |
    Slovakiaで見つけたモノ。
    しかし、、寒すぎ。ウィーン。
    もう完全に秋を忘れて、冬に突入さ。
    いやいや、暗い。一日暗い。

    さてさて、ブラチスラバの続き。

    ブラチスラバの街にはイロイロと見るところがある。
    結構、私にはツボ。



    この標識の下には、有名なマンホールから顔を出している男のモニュメント。
    ガイドにも載ってます。
    このプログにも載ってます(笑)

    今回訪れたら、かわいそうに、目をエメラルドグリーンに塗られていた。
    ちょっと怖かった。。



    これは、スーパーで見つけたかわいいポテトチップ。
    何故か『Slovakia』の文字がどの銘柄のポテトチップにも。。
    メーカーが国名?



    ちょっとした懐かしい再会、ケロッピ!!
    友達とクイついたけど、ここは日本人、写真だけパシャリ。

    おまけ。
    続きを読む >>
    | ダダッコ。 | アウスランド。 | comments(0) | - |
    お隣の国Slovakia。

    これも友達が来たら。。の定番になりつつある、
    ウィーンからのお手軽海外旅行。
    第一弾はスロバキアの首都、ブラチスラバへ日帰り旅行。

    ウィーンの醍醐味って本当、コレだけか!?
    『電車で1時間で日本からアクセスの良くない東欧へ♪』
    ま、東欧好きの私としては、かなりポイントが高いところ。
    だからウィーンに来たって話もある。。

    朝、のんびり家を出て(ここもポイント高)ついてみれば、
    意外や意外、友達も大興奮。
    想像以上に楽しんでくれて、帰る頃には、
    『楽しすぎた。。もう帰るのか〜』との声。

    実は、私もブラチスラバは既に4〜5回来ているけれど、今回が一番楽しかった!
    『やっぱ、1人で来るよりも友達とがいいね〜』、と言ったら
    『1人がつまらないなんて、歳なんじゃない?』と言われたけど。まさに。。


    帰る直前、駆け足で登ったよ〜。城。
    この丘からみる景色がすごかったな〜。


    ところで、ブラチスラバに初めて来たのは2003年の2月。
    なんか、それから比べると随分すぎるほど、モダン化しているような??
    明らかに物価は上がっているし(ブラチスラバだけとの話もあるけど)
    こんなにもモダンな店があったけか?

    冬にきたせい?暗くて気付かなかっただけ?
    う〜ん、けれど経済的な進歩は著しいようで。
    うなぎ上りで頑張れ!

    けれど、古くて趣のあったものたちが、
    海外からのカフェやらモダンなものに塗り替えられて行くのは
    私がいうのもなんだけど、淋しいな〜と。
    私が言うなって話だけどぉ。
    でもでも、東欧の雰囲気が 『The アメリカ』『The UK』化するのもな〜と。。
    だから私がいうなって!?
    | ダダッコ。 | アウスランド。 | comments(0) | - |
    散財で〆ククル。-Deutschland 8-
    夜行の時間(20:31)まで、何しよ〜って途方に暮れてしまった3日目。
    ユースで一緒になったベルリンから来た女の子と近くのカフェで朝ご飯を食べ、その後、ちょっとユースから北側へ向かって散歩。

    しばらく行くとぽつらぽつらとお店が。
    んん、何か楽しそうな予感。
    そこには代官山を思わせる雑貨や靴、洋服などのオサレな店がちらほら。
    の、中でもココ!
    洋服、靴。
    どれもホントオサレ!!!
    しかもセールをやってて目移り目移り。
    見事ジリジリとやってくる物欲との闘いの幕開け。
    ココ、洋服もかわいいんだけど
    なんといっても靴が!!!
    しかもほとんどセールで格安に。
    こんな店、絶対にウィーンにはない(断言)。
    ちなみにハンブルグはファッションの最先端(ドイツで)と聞いてただけに期待が最終日に報われて満足。


    でもって、物欲との闘いはどうなったかというと。。
    続きを読む >>
    | ダダッコ。 | アウスランド。 | comments(0) | trackbacks(0) |
    Hamburg。-Deutschland 6。-
    前記事で最終日と書いたものの、最終日だったのはベルリンで、今日はICE(日本でいう新幹線かな)に乗ってハンブルグへ移動。
    丁度、ウィーン行きの夜行電車の格安チケット(例の29EUR)がベルリンからは売り切れてたもののハンブルグからはまだ残っていたというのと、2月中はドイツの国内電車が全て29EURという太っ腹セールをやっていたのと、オサレなファッションと街並のハンブルグに住みたい!と血迷ったのとで、せっかくだから行って来ました。
    ベルリンからはなんとICEでたったの1時間半。
    近〜い。のか、ICEが早いのか。。
    さすが、ドイツ第2の都市。
    中央駅も充実。おそらくベルリンよりも。

    でもって、ハンブルグはどうだったのさ。っていうと‥‥。
    続きを読む >>
    | ダダッコ。 | アウスランド。 | comments(0) | trackbacks(0) |
    あまい最終日。-Deutschland5。-
    あま〜い、幸せな時間。

    こちらのケーキ。
    今まで食べたケーキの中で
    ホント指3本に入ります!!
    大袈裟じゃなくてホント。
    しかも海外でっていうのが珍しいでしょ。

    ‥‥というか、日本じゃ
    ほっとんどお店のケーキを
    食べたことないからな。。
    よく考えてみると。
    今思えば有名店のケーキ、食べとけばよかった。


    さてさて、どこで買ったかというと。。
    これまた、驚き。

    どこにでもある週末土曜朝イチの
    マーケット!
    滞在先のすぐ隣にある教会で、
    毎週土曜、朝市があるよって聞いて、出かけたところ、
    あまりにすれ違う人がこのケーキを買って帰っているので覗いてみたところ。。

    いました。
    若いお兄さん。

    実はマイスターを獲得後、数々の賞を受賞したケーキ職人らしい。

    お店の両脇には数々の表彰状、雑誌、新聞に掲載された記事が張られてた。
    このちっちゃなマーケットの一角で、そんな人が自ら売ってる姿が
    またいじらしい。

    それにとっても親切。価格もおそろしゅう親切。
    ウィーンのカフェの1/2です。
    それに味は、こちらの一本勝ち。
    甘くなく、もう1個っ!っていいたくなるそんな味!!
    続きを読む >>
    | ダダッコ。 | アウスランド。 | comments(0) | trackbacks(0) |
    ベルリンの壁。-Deutschland3。-
    やっぱ、ベルリンに来たらここは見とかないと。
    って単純な発想ですが、
    結構、本気で楽しみしてた
    ベルリンの壁。
    もちろんもう残っちゃいないけど、
    コチラはギャラリーとして特別に残されております。
    だから、こんなふうに絵がね‥。ギャラリーだからさ、しかもフリーの。

    ここに来て思ったことは、落書きの多さよりも壁の低さ!!
    これって、ある意味残酷だなぁと。。
    あ、この意見て完全に西への憧れ派の意見だけど。あしからず。

    もちろん、この壁の向こうにもういっこ壁があったらしく、
    それに壁の向こうにはすぐ川が流れているので、この高さでも良かったのかも
    しれないけど、ヒョイって越えられる高さだった。

    “ギャラリー"と称されるだけに、有名な方もここに絵をかいてるらしいけど、
    それよりも壁の高さに目がいってしまった私でした。

    続いて。。
    続きを読む >>
    | ダダッコ。 | アウスランド。 | comments(0) | trackbacks(0) |
    <new | top | old>