ゲンチログ。

      

                                   キョウモ、ゲンチデ、ダダコネル。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
  • 年末、よいこの番組で『にしおかすみこ』を知り、その勇気に励まされました。
    SEARCH
         
    SPONSORED LINKS
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ネタノホウコ↓ココロシテヌスム
    OTHERS
  • << Weihnachtenmarkt ログ。 | main | クリスマス後。 >>
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    それぞれのクリスマス。−Frohe Weihnachten!!
    クリスマスプレゼント!
    頂いちゃいました〜。
    実は24日はプライベートで通っているドイツ語の先生にてクリスマスを過ごしました。
    本当は家族のみで過ごすはずのクリスマス。
    コッチに1人でいるのと、コッチのクリスマスを知らない私を気遣って、先生が私を招待してくれました。
    ホント、何から何まで優しい。。
    そのくせ相変わらず頭の働かない私は、
    てっきりpartyなのかと思い行ってみると、家族に混じってのディナー。
    もう、先生のお母様。ダンナ様のご両親と混じって、緊張、緊張の連続。
    先生お手製のディナーコースも緊張のあまり、
    喉を通った気がしませんでした。。
    おいしかったのに。。ゴメンナサイ。先生。

    ディナーの前にはクリスマスツリーの下に置かれたプレゼントを交換。
    私まで頂いちゃって。。
    手ぶらで行っちゃった礼儀もなにもない私。。
    (だってこの日、どこもお店開いてないんだよ〜ッて言い訳。)
    緊張、緊張の1日でしたが、本当にアリガトウございました!!
    先生の素晴らしい料理、ツリー、写真に撮れなくて残念でした。。

    この日はさすがに皆、
    どこへ消えたんだっ!ってくらい
    街に人がいなくて、ガランと
    してました。怖いくらい。。
    センターはさすがに観光客がいたけど、この辺りはね。。

    けど、回りの建物の中では
    家族でツリーを囲んであったかい
    時間を過ごしているんだな〜ッて思う
    となんか変にニヤニヤと。


    翌日25日は
    先生に紹介してもらった方に会いに。
    この方のお仕事をちょっくら手伝わせて頂くことに。
    このお方、日本とウィーンを行き来して、かなりの日本通。
    ってなわけで、オーストリア人が作った日本食!を頂きました(笑)
    かなりチャーミングな日本食
    でしょ♪
    このかたも、かなりチャーミング。
    日本語もかなり上手くて、英語もドイツ語訛りのないネイティブばり。
    多彩なお方なので、少々変わっておりますが、
    面白い方と巡り会えることが出来ました。
    先生、またまたありがとうございます!

    皆も、それぞれのクリスマスをお過ごしの様子。
    寮はほとんどの学生が帰ってしまい、家族と過ごしてるはずなんだけど何故か私の住んでるエリアは
    前にも書いた様に人が。。
    なんと、帰るどころか家族がここに来ちゃうというケースも発生し
    キッチンでは家族パーティーが催されてたみたい。
    帰ってくると、キッチンにスゴいゴミの山。
    ↑『寮のクリスマスツリー。全く気付かなかったけど、ありました。』

    でも聞くところによると家族皆がそれぞれ、違う国で仕事をし、OSTERと共に唯一集まる日。こちらの国ではホント、クリスマスって家族にとって、大きな意味のある時間。
    恋人同士で過ごす日本とはちがう色々なあたたかみがあるなぁと。
    とはいえプレゼント選びやら、親戚付き合いでとってもストレスフルな日々でもあるみたいだけど(笑)
    でも日本のお正月の様なもので、皆が家族と過ごしていると思うと、
    変に淋しさを感じちゃったりする時期なのでした〜。
    アジア代表として(笑)
    | ダダッコ。 | ウィーン。 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    | スポンサードリンク | - | - | - |









    url: http://genchi.jugem.jp/trackback/143