ゲンチログ。

      

                                   キョウモ、ゲンチデ、ダダコネル。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
  • 年末、よいこの番組で『にしおかすみこ』を知り、その勇気に励まされました。
    SEARCH
         
    SPONSORED LINKS
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ネタノホウコ↓ココロシテヌスム
    OTHERS
  • << Cafe Central。 | main | Kunsthistrisches Museum。 >>
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    Flohmarkt -のみの市。
    本当にたまたま、Flohmarktに行って参りました。
    ナッシュマルクトの終る辺りに(kettenbrueckengasse駅-U4)毎週土曜日の午前中開かれるのみの市。
    これまた行ったことなくて、いつか〜なんて思ってたんだけど、たまたまNaschMarktにある日本食材店に珍しく用があって行ったら偶然(?)にも。
    以前から行こうと思ってたんだけど、どうも土曜の午前中に外に出るのはYoga以外気合いが入らず(笑)
    しかも今日は珍しく地下鉄でここまでやって来たので、ご対面することが出来たと言う訳。いつものようにKarsplatzから歩いて来てたら気付かなかったな〜。
    のみの市だけあってガラクタからアンティークものまでいっぱい。
    見ててかなり楽しかった!
    あっという間に1時間以上もうろうろ品定め、値段交渉してちょっくら小物を買いました。
    ここのボタン!
    優しいおばちゃんが色んな素材とデザインのボタンを売ってて、しばし立ち止まってみてしまいました。


    一通り見終えて、目的地へNaschMarktを抜けて歩いていると、
    NaschMarktの入り口周辺に集まるシーフード売り場では本日牡蠣のセール。
    何々?最近、牡蠣のシーズンだったんだ。
    もちろん海はないのでどこからかの配送品。
    皆、白ワイン片手に生牡蠣を外で堪能しております。
    今年は本当に暖かいので、今日なって外のテーブルで皆食べてました!
    ホント、美味しそう。。
    あ〜いっつもこんな時思うのが、
    日本で頑張ってるおばか友達がココにいてくれたら〜って(笑)
    こんなあたしに付き合ってくれるのは、彼女たちしかおりませぬ!


    こうやって、立ちながら外で食べたり飲んだりするこの習慣が、見てるだけでも本当に好き。
    日本にもこんなスタイルがもっともっと当たり前のようにあればいいのになぁ〜。なんていっつも思いまする。
    1日のうち曇り空が占める割合の多い冬だけど、雲のないキレイな空が出ている間はみんな外に(私も外に)出ようとしてる感じ。
    とはいえ、はやい時で30分も経たないうちに暗くなってしまうことも多いんだけど。晴れてると、とてつもなくキレイな街なのでした〜。

    おまけ☆
    結局、あたしも飲みた〜いってココロで叫び、
    でもちょっと生牡蠣は怖いので、いつものワイン屋さん(Naschmarkt内)でグラスワインを頂きぃ(^o^;。そこで話しかけて来たおっさんと盛り上がり、しまいには人生相談へ。
    実はこの日ちょっと落ち込むことがあったんだけど、
    おかげさまでスッキリ〜。
    というか、しきりに『オーストリア人を紹介して欲しいか!?』とばかり問われたアタシ。30~35才がベストだ!と。。若い男はふらふらしててダメだ!と。
    身にしみるアドバイス。。。ありがとうございます?

    しかも実はこのお店のオーナーだったらしく、もう1杯ゴチに(笑)
    何だか悪くて、ホントは別のお店で買う予定だったプレゼント用のワインをここで。そしたら安くしてくれました〜。
    『また来るね!』と約束して(というか割と来てるんだけど、笑)
    ホロ酔いで帰るあたい。
    もう、相変わらずだめだめの、でも1人うきうきの人生〜♪
    | ダダッコ。 | ウィーン。 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    | スポンサードリンク | - | - | - |









    url: http://genchi.jugem.jp/trackback/155