ゲンチログ。

      

                                   キョウモ、ゲンチデ、ダダコネル。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
  • 年末、よいこの番組で『にしおかすみこ』を知り、その勇気に励まされました。
    SEARCH
         
    SPONSORED LINKS
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ネタノホウコ↓ココロシテヌスム
    OTHERS
  • << Flohmarkt -のみの市。 | main | うれしい再会。 >>
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    Kunsthistrisches Museum。
    昨日、Kunsthistrisches Mueseum(美術史博物館)に漸くいって来ました。。
    ウィーンを離れる日が近いので行ってなかった、もしくはお気に入りのMuseumを巡る日々が続いてます。
    というか、お金かかる〜。ってのが正直な感想なんだけど(汗)。

    こちらのMuseumは今回が、初でした。
    何か、響きがイマイチ興味をソソルようなものではなかったのでついつい足が遠のいて。
    でも行ってみてると(意外に)感動しました!
    何にって決して展示されている数々の有名絵画じゃなくてこの建物に(笑)。

    う〜ん、この内装。久々にヨーロッパに居るんだなぁと感じさせてくれました。

    しかもこのMuseum撮影可。
    ありなのか?
    ってなわけで堂々と、内装を
    パシャリ。パシャリ。
    土曜に行ったのにも関わらず空いてました。

    ウィーンのMuseumにはどこも必ずカフェがついております。
    Museumに合わせてカフェもそれ仕様に作られていているので、
    街にある伝統的なカフェ巡りよりもこっちをアタイは楽しんでました。

    こちらのMuseumには、
    1区のセンターど真ん中にある皇室御用達のゲルストナーが。
    さすがMuseumに合わせたチョイス。

    ゲルストナーなので敢えてココには入りませんでしたが、
    重みのある展示品とこの重みのある建物を楽しんだ後に、優雅な気持ちでこのカフェで一休み。
    なかなかいいじゃないでしょうか!?
    10月26日のNational holidayの日は入場料が5EURとお安く。
    ってなわけで去年、その日に行こうとしたんだけど、
    遠くから見たところ外まで列を作ってる様子が見えたので、止めちゃいました。
    おトモダチとの約束もあったので。
    けど、こうMuseumの入場料が高いってホント残念だなぁ。
    その点、ロンドンは無料なところがほとんどでご親切だと思う。(ま、取るところは恐ろしい値段を要求してくるけど。サスガ物価高しの国。)
    ウィーンも芸術の街なんだから。。無料とまでは行かなくとももう少し安くねぇ。。
    なんて、勝手なご意見かしら。
    | ダダッコ。 | ウィーン。 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    | スポンサードリンク | - | - | - |









    url: http://genchi.jugem.jp/trackback/156