ゲンチログ。

      

                                   キョウモ、ゲンチデ、ダダコネル。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
  • 年末、よいこの番組で『にしおかすみこ』を知り、その勇気に励まされました。
    SEARCH
         
    SPONSORED LINKS
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ネタノホウコ↓ココロシテヌスム
    OTHERS
  • << ベルリン国際映画祭。-Deutschland4。- | main | あまい最終日。-Deutschland5。- >>
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    ベルリンの壁。-Deutschland3。-
    やっぱ、ベルリンに来たらここは見とかないと。
    って単純な発想ですが、
    結構、本気で楽しみしてた
    ベルリンの壁。
    もちろんもう残っちゃいないけど、
    コチラはギャラリーとして特別に残されております。
    だから、こんなふうに絵がね‥。ギャラリーだからさ、しかもフリーの。

    ここに来て思ったことは、落書きの多さよりも壁の低さ!!
    これって、ある意味残酷だなぁと。。
    あ、この意見て完全に西への憧れ派の意見だけど。あしからず。

    もちろん、この壁の向こうにもういっこ壁があったらしく、
    それに壁の向こうにはすぐ川が流れているので、この高さでも良かったのかも
    しれないけど、ヒョイって越えられる高さだった。

    “ギャラリー"と称されるだけに、有名な方もここに絵をかいてるらしいけど、
    それよりも壁の高さに目がいってしまった私でした。

    続いて。。
    壁博物館へ移動。
    (かかさずダダこねたのに、学生料金では入れてくれず‥‥)
    泣く泣く諦めて、入ってみると、
    博物館のくせに普通のマンション。
    狭くて小さな博物館だったけど、
    かなり面白かった!
    オランダでいったアンネの日記で
    有名な隠れ家となった家の博物館と並びます。
    ベルリンにいらした際はぜひぜひ。
    ここは丁度、
    アメリカセクターとの境となる壁があった場所らしく、観光向けに今もこんな表示が残されてました。

    でも完全に観光向け。

    しかし、ドイツってどこの都市のどの博物館にいっても本当に楽しい。。
    他にはないひと工夫がなされてて、ほんと技ありの一本勝ちっス。
    | ダダッコ。 | アウスランド。 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    | スポンサードリンク | - | - | - |









    url: http://genchi.jugem.jp/trackback/164