ゲンチログ。

      

                                   キョウモ、ゲンチデ、ダダコネル。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
  • 年末、よいこの番組で『にしおかすみこ』を知り、その勇気に励まされました。
    SEARCH
         
    SPONSORED LINKS
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ネタノホウコ↓ココロシテヌスム
    OTHERS
  • << くもりのちあめあめあめ。-Deutschland2.- | main | ベルリンの壁。-Deutschland3。- >>
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    ベルリン国際映画祭。-Deutschland4。-
    行ったらたまたま、
    ホント偶然にも
    ベルリン国際映画祭−ベルリナーレーがやっててかなりのハイテンションに。
    しかも、2007/02/08〜02/18まで。
    初日に行けちゃうというこれまたラッキーなイベント。

    密かに映画ズキ。
    それもミニシアター系のなんちゃってファン。
    ベルリン映画祭の受賞作は見てます見てます。ちゃんと。
    (ハヤオさまのも。これは日本国民として。)

    さっそく会場となるポツダム広場に。
    ここは近年新しく若者向けに、ショッピング、エンターテイメントの中心地として開拓途中の広場。
    といってももうほとんど出来上がってるらしいけど。。
    完成じゃないって、誰か行ってたけど、完成してるようにも見える。。

    憧れの赤のじゅうたんの前に、昔のオダギリジョーを思い浮かべるアタイ。。
    あ、でもキムタクきたりして〜なんてほのかな期待もしたりして。(全て無駄。)

    でも正直、単純にアカデミー賞のイメージも頭の中で交差。
    だって、ほらね、報道陣も
    目の前でぞくぞくと準備し始めるもんだからさ〜。
    ポツダム広場の柱にはこちらのクマさんでいっぱい。
    何か記念にグッズでも。。
    って思ったんだけど、ここぞとばかりに高かったので
    止めました。
    (クマさんのイメージ入ったスウェット系が全て『BOSS』が手がけていたのに驚き。
    かわいかったのになぁ。高い訳だ。。)
    こちらチケット売り場の長蛇の列。
    ビックリです。
    やっとこ、ここで日本人をいっぱい見かけました。
    噂にはたくさん居るって聞いてたのに、なかなか街では見かけなかったので。
    | ダダッコ。 | アウスランド。 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    | スポンサードリンク | - | - | - |









    url: http://genchi.jugem.jp/trackback/165