ゲンチログ。

      

                                   キョウモ、ゲンチデ、ダダコネル。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
  • 年末、よいこの番組で『にしおかすみこ』を知り、その勇気に励まされました。
    SEARCH
         
    SPONSORED LINKS
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ネタノホウコ↓ココロシテヌスム
    OTHERS
  • << ワインのこども。 | main | 夏を振り返る。 -その1: 茶の間カフェ− >>
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    食文化について考える。
    完全に、ひとりごとな記事。

    今日、こちらのおトモダチから、北海道産とろろ昆布を頂いた。
    Oisix 利尻とろろ昆布

    家に帰って、まず、それをそのまま食べる。
    (私は、可能であれば必ず最初に何も料理せず、
    味付けなしでそのまま食べる癖がある。)
    ハッキリ言って。。

    うんまっーーーーーー!!!

    とろろ昆布だけで比較すれば、今までの人生で食べて来た
    “しょっぱくて変に甘みがある”とろろ昆布と、
    昆布で比較すれば、
    “海クサい、とにかくクサい”昆布のイメージを
    一新、改革でした(大袈裟なのはわかっているが、その位、感動。)

    まろやかで、おいしかった。。


    んでもって、更に考える。

    (海のない国を除いて)海外に、こんな風に
    海のものを上手に利用した食材があるか。。
    (肉を食べない私は、海のものにその愛を全て捧げているため、
    コレに対しては、結構、うるさいヨグッド。)

    魚はいわずとしても、わかめにしろ、ひじきにしろ、昆布にしろ、のりにしろ、
    日本には腐るほど海からの恵みがあって、それをフル活用。
    さすが、日本人。
    食には賢い。何だって、うまく食べる。
    旅行者が、まずは食からその国の文化を見るのが分る気がする。

    これらをこっちに伝えて行きたいけど、いくら日本ブームとはいえ、
    見た目重視のコチラの人には寿司に使われるのりを筆頭に
    “黒”いものには抵抗があるらしい。。

    やっぱ、食は日本だな〜。
    そんなことをぼけっと思った日。
    あ、別に日本が恋しくなった訳ではなく、一般論として。。
    | ダダッコ。 | ひとりごと。 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    | スポンサードリンク | - | - | - |