ゲンチログ。

      

                                   キョウモ、ゲンチデ、ダダコネル。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
  • 年末、よいこの番組で『にしおかすみこ』を知り、その勇気に励まされました。
    SEARCH
         
    SPONSORED LINKS
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ネタノホウコ↓ココロシテヌスム
    OTHERS
  • << 将来は。。 | main | 夏を振り返る。 -その3:Rathaus FilmFest− >>
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    夏を振り返る。 -その2:Rathaus FilmFest−

    今年も、夏のメインイベント!
    各地で開かれているフィルムフェスティバル。


    その中でも市庁舎前で行われているイベントは
    一番規模も大きくて、出店も充実していて、
    オペラ関係がお休みなこの時期、それに代り、映像にて提供する
    ウィーンらしい"Classic"な芸術に富んだプログラム。

    去年は出店だけを楽しんだけれど (あくまで芸術より食で!)
    今年は友達が日本から来てくれたおかげで、見てくることが出来ました。

    2ヶ月以上に渡って、毎晩、オペラや、Classicコンサートを、
    放映しているにもかかわらず、
    7月から8月中旬までは開始時間が21時45分、終了が23〜24時だったりと
    遅く、その上、"Classic"にそれほど縁がないのとで、
    足が遠のいていました。。
    無料なのにね‥‥。

    でも、何かと言っては足を運んでしまう。
    こういうイベントの雰囲気が大大だーーーーい好きワタクシなのであります。


    昼間行くこともあったけど、
    やっぱり、夜の方が雰囲気が断然いい。

    ヨーロッパ、どこもそうかもしれないけれど、
    夏になると学生だけでなく、国全体が休みな雰囲気。
    そして、四季ごとにイベントが催されるこの国の、そういう方針が、
    私は大好きなのであります。

    日本とはまた違う四季の楽しみ方、時間の楽しみ方が、ここにはある。
    それは、大きな発見です。
    | ダダッコ。 | ウィーン。 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    | スポンサードリンク | - | - | - |