ゲンチログ。

      

                                   キョウモ、ゲンチデ、ダダコネル。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
  • 年末、よいこの番組で『にしおかすみこ』を知り、その勇気に励まされました。
    SEARCH
         
    SPONSORED LINKS
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ネタノホウコ↓ココロシテヌスム
    OTHERS
  • << 夏を振り返る。 -その2:Rathaus FilmFest− | main | 夏を振り返る。 -その4:Augarten FilmFest− >>
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    夏を振り返る。 -その3:Rathaus FilmFest−

    市庁舎前のフィルムフェスティバル。
    ここは出店も、このフェストのメインの1つ(だと勝手に思う)。
    というか芸術より食い気に走る私としては何ともうれしいイベント。

    ちなみにこの出店のコンセプトそのものが『各国の料理』。
    一つ一つの出店が世界各国の料理を提供しているので、
    明らかに『食にも走りなさい。』と私には聞こえます。どこからか‥。


    去年と比較すると、出ているお店自体にさほど大きな変化はないけど、
    全体的に何だか妙に、モダンな雰囲気になった気がする。
    屋台のつくりや、お皿や、フィルムステージそのものやら‥。

    その上、いやにオーストリア料理を出す店が多かった様な‥。
    もちろん去年あった店がなく、去年なかった店があったりと、
    多少の入れ替えも発見。

    ともあれ、こちらの出店たち、
    ウィーンにあるレストランが出店しているらしい。
    ということは、イベントが終わった後でも
    レストランに行けばその味をもう一度堪能できる、ハズ。
    ある意味レストランがやっているなら“味も保証"。。と信じたい。


    こちらはシュテッファン寺院前のホテル、Do&Coの出店。
    日本代表です。
    となると、寿司ではないけど“鉄板焼きビール"
    実は去年も食べた。。(メニューも同じ)


    料理法が鉄板焼きということと、キッコーマン(しょうゆ)を使用してるという要素が
    コラボレートした結果、日本。てなわけ。
    でも、味はおいしいぴかぴか満足ですた。

    実は、ここのコックさんと初めて訪れた日に友達になり、
    それ以来、ずっとただ食いをさせて頂いた私チョキ
    申し訳ないな〜と思いつつ、美味すぎてやめられませんでしたあせあせ


    やっぱ昼間は、夜と雰囲気が全くと言って違う。
    サラリーマンがお昼休みにここにてランチを、そんな感じ。
    どうせ来るなら、やっぱ夜の方がいいかもネディナー


    ただ食いが高じて、それ以外の料理に手を出せず、
    食べたいものはそれなりにあったけど、
    唯一お金を払って食べたものが、これ↑、イカのグリル。

    味は。。鉄板焼きの方がよかったな〜。といったとこ。
    | ダダッコ。 | ウィーン。 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    | スポンサードリンク | - | - | - |