ゲンチログ。

      

                                   キョウモ、ゲンチデ、ダダコネル。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
  • 年末、よいこの番組で『にしおかすみこ』を知り、その勇気に励まされました。
    SEARCH
         
    SPONSORED LINKS
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ネタノホウコ↓ココロシテヌスム
    OTHERS
  • << ワインの道で。 | main | 店の顏。 >>
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    無人花屋さん。
    昔、小学生の頃。
    家から歩いて5分もかからないところに無人野菜屋さんがあった。
    畑沿いの道ばたに、ちいさな木のテーブル。
    その上には、なす、トマト、キュウリなどなど。
    いっぱい入って一袋、100円。
    テーブルの端っこにはお金を入れる木の箱が、ちょこんと置いてあった。
    信頼、の上に成り立つこの心温まる商売。

    そして、このFloridsdorf、生息中の寮の近くにも下向き

    野菜ではないけれど、無人花屋が!
    『Blumen』は花、
    『Selbst Schneiden』とは要はセルフサービス。
    直訳すると、“自分で切ってネ"って、こと。


    とういわけで、こういうのに弱いワタクシ。
    敷地内に入っては、バシバシ手でもぎ取る力任せ派。

    この夏は、ここで買っては部屋に花のある生活。
    まさに異例の事態。
    普段だったら花に無縁の生活。ですが、そのコンセプト故に‥‥
    ハイ、動機は常に単純。



    こちらが、お金を入れる箱。
    値段表には全て一輪70Centとチューリップ


    しばらく、がら〜んとしたこの部屋に彩りを与えてくれたのは、
    このお花おはなたち。

    既に時期が時期なだけに、今や荒地と化してるけど‥‥。

    花のある生活、悪くないね〜。
    むしろ、あったほうがずっとずっといい。
    今更な新発見。
    | ダダッコ。 | ウィーン。 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    | スポンサードリンク | - | - | - |