ゲンチログ。

      

                                   キョウモ、ゲンチデ、ダダコネル。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
  • 年末、よいこの番組で『にしおかすみこ』を知り、その勇気に励まされました。
    SEARCH
         
    SPONSORED LINKS
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    ネタノホウコ↓ココロシテヌスム
    OTHERS
  • スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    IKEA - FOTO。



    IKEAは本当に広いでふ。まるで横浜のワールドポーターズを思い出すかのような広さと、モノで溢れているのになぜかガランとしているような何とも言えない雰囲気。2階にはこうして、只今販売中の家具を使ってレイアウト空間が作られております。
    こちらの部屋、全てセットで○○○EURと。割引も部屋ごと"DISKONT!"と。まったく、外国ってやつはやる事なす事が全てスケールありまふ。
    ほとんどがワタクシめのツボでしたが、その中でも写真に収めていたものはどうも、オノコ向けだったらしくユアンにその辺りをちゃっかり突っ込まれました。とほ。
    続きを読む >>
    | ダダッコ。 | オーストリア。 | comments(0) | trackbacks(0) |
    IKEA。
    じゃん。
    IKEAに行ってきました。
    こっちに来て思うことは、M?bel (家具) といえばIKEAなんだなぁと。
    ドイツ語コースでも何度出て来たことやら。

    インテリア系にまったくもって首ったけなワタクシめとしては、Ring周辺のインテリアショップにマメに足を運んでは一人、にんまりと満足を頂いておりましたが、IKEAは南にちょっとはずれたところにあるので土曜を狙っておりました。
    SCS(どこかで聞いた名前ではありふが、正式には"Shopping City S?d")の隣にIKEAは別棟でありまふ。SCSは約330ものショップが入ったこのショッピングセンター、その広さは何と約270.000?だそうで。。端から端まで往復6km。最初に感想を行ってしまうと、非常に疲れました。
    でも、ウィーンにはこういうモールがやたらある気がします。便利と言えば便利ですが、全てを見ようとすると、ちょっとめまいがしまふ。
    続きを読む >>
    | ダダッコ。 | オーストリア。 | comments(0) | trackbacks(0) |
    思い返して2月1日 その2。

    今回フランクフルトにて乗り換えだったので、そこで入国審査。
    EUに入る場合は最終目的地ではなく、最初の入国した国にて審査なのです。
    もともと乗換え時間が次の搭乗まで40分しかなく、その上、相変わらず
    タイミングが宜しくないことに、前に並んでいたのはブラジルから遥々いらした団体さん。
    これまた入国に時間のかかることかかることかかること。
    最初はボケっとしてたけど、段々、焦り始めるのなんのって。
    その上、自分も負けずにビザの審査に時間がかかり、ダッシュで次のGateへ。
    ここからが、完全に冷汗もの。
    続きを読む >>
    | ダダッコ。 | オーストリア。 | comments(5) | trackbacks(0) |
    思い返して2月1日 その1。
    2006/2/1 憧れのルフトに乗っちゃって、
    着いちゃいました。ウィーンです。
    今年は、モーツァルト生誕250周年に盛り上がるウィーンです、これじゃ、モーツァルトチョコも大繁盛だね、よかったね。
    って、実は既に到着してからかれこれ1週間が絶とうとしています。
    引っ越しをしてPCを眠らせてしまったこともあり、こちらにくるにあたりPCをMacに変えたこともあり(多分これが一番の理由)、ネットに繋がらなかったこともあり、記事を書くことを完全に放棄していました。
    ですが、その間もアクセス数を見ると、大変ありがたいことに多くの人がアクセスしてくれているみたいなので、早く早く、とは思っていたのですよ。
    これ本当の話。みなさん、アクセスしてくれてありがとうございます。
    続きを読む >>
    | ダダッコ。 | オーストリア。 | comments(1) | trackbacks(0) |
    <new | top | old>